これから始める美容脱毛

美容脱毛を行うエステサロンの違法行為ってなに? - これから始める美容脱毛

これから始める美容脱毛
これから始める美容脱毛 > エステサロンの違法行為

美容脱毛を行うエステサロンの違法行為ってなに?

季節がよくなってくると、ワキやVIOゾーンのお手入れが気になってきます。
思い切って美容脱毛を始めようと決意される方も多いでしょうが、注意したいのは法律で禁止されている違法行為を行うエステサロンもあることです。

最も多いのは、美容脱毛といいながら、医師免許をもたずにレーザー脱毛を行うというケースです。
警察に摘発された事例としては、古くは2007年、千葉で医師免許のないエステティシャンにレーザー脱毛をさせていた疑いで大手エステサロンが捜査を受けたのにはじまり、毎年のようにエステサロンが摘発されています。
記憶に新しいのは、2012年に起こった「ドクタータカハシ事件」でしょう。
脱毛の神様として美容脱毛の業界では有名でしたが、医師の免許を持っていないエステティシャンに特殊な光線で脱毛する脱毛(レーザー脱毛)を行わせていました。

一般的に美容脱毛を行うエステサロンは光脱毛(フラッシュ脱毛)、クリニックなどの医療機関ではレーザー脱毛と区分されています。
レーザー脱毛の仕組みは黒色または茶色に吸収されるレーザーを高いレベルで照射し、毛根の毛乳頭などにダメージを与えて破壊し脱毛するというもの。
レーザー脱毛は脱毛効果が高いものの、火傷などを負うリスクもあるため、医師が患者の状態や安全性を確かめて行う必要があるからです。

このことを受け、エステサロンの美容脱毛にはいくつかのガイドラインが定められています。
その一つが、施術は除毛、減毛の範囲とするということです。
医療レーザーを使用することは違法になりますが、フラッシュ脱毛で毛乳頭などを破壊しない程度の光を当てて毛が抜けやすくすることは合法なのです。
レーザー脱毛のように短期間で効果が得られるわけではありませんが、回数を重ねるとかなり満足度の高い結果が得られます。
安心して脱毛を行うために、即効性を過大に宣伝するエステサロンには注意する必要があります。